職業別マナー「医療業界編」

医療業界特有の「御机下」と「御侍史」

医療業界特有の「御机下」と「御侍史」

どういう意味なのか

職業別のマナーとして、ここでは医療業界で用いられる「御机下」と「御侍史」という言葉について紹介します。関係のない仕事をしている人にとってはまったくと言っていいほどなじみのない言葉かもしれませんが、医療業界では頻繁に目にします。これは、医者に宛てた手紙や招待状などを書く際に付ける言葉です。それぞれ御机下は「ごきか」、御侍史は「おんじし」と読みます。以下に、それぞれなにが違うのかを説明します。
まず、御机下は医者に対する尊敬の念をこめた言葉で、「~先生 御机下」というように、誰かが特定できている際に付けます。意味としては、「直接お渡しするのは恐れ多いので机の下に置かせていただきます」という内容になりますが、ようは「机に置くほど大切な内容の書状ではないです」といったへりくだった表現です。もちろん、実際に机の下に置かれることはありません。
次に御侍史についてですが、まず侍史とは昔の偉い人のもとで秘書のような仕事をしていた人のことを指します。そのため、「直接お渡しするのは恐れ多いので侍史の方を通して」という意味合いになります。「読むかどうかは別にして、手紙が来ていたことが伝われば良いです」という表現になります。こちらも、実際に手紙が来ていたことだけを伝えて廃棄するということはありません。あくまで、書類を送る際のマナーとして使われる表現です。よくある間違いとして御「待」史と書いてしまうことがありますので、注意してください。
ちなみに、これら二つの表現と一緒に「御中」を使うことはできませんので、この点も注意しましょう。

使い分けについて

どちらを使用したほうが良いのか、という明確な線引きはありませんが、業者から医者に届く手紙には御侍史が使われているケースが多いです。また、若い医者の場合は特にこの文化を意識していないことも多く、むしろ必要ないと考えているケースもあります。そのような申し出があるならば無理をして使用する必要はありませんが、初めて手紙を送る場合などはやはり使っておいた方がいいでしょう。
また、医療業界のマナーとして紹介しましたが、あくまで「医者に宛てた」書類に使用する言葉です。例えば、看護師長や事務長などにこの表現を使うのは間違いですので注意しましょう。

詳しく紹介しているサイト

御机下・御侍史のことについてより詳しく紹介しているサイトを以下に紹介します。
「ナースランク」は、看護師向けの転職・求人ランキングサイトですが、このようなマナーなどの情報も揃っているので参考になります。

サイトの詳細を見る

次に、「ナースときどき女子」です。このページでは御机下・御侍史について紹介していますが、その他にも看護師向けに役立つ様々なコンテンツを用意している便利なサイトです。

サイトの詳細を見る

マナーに自信のない方は必見!